共働きの女性が男並みに働いて家庭と仕事を両立させるときの現実

結婚した女性が男並みに働いて家庭と仕事を両立させることはできるのか?

男女の平等が叫ばれて、もう随分と立ちますが、実際に女性が男性と同じように仕事をこなし続けるのは大変なことです。なぜなら、女性は男性に比べて結婚までの実質的な有効期限が短いし、何といっても、出産があります。

女性が30歳を越えた辺りで独身だと、親や友達などいろんなところから「まだ結婚しないの?」という声をかけられるようになります。「モタモタしてると子供が産めなくなるよ」なんて、脅迫まがいのおせっかいさえも。

女性はある年齢を過ぎると、これまでの生き方を変えるように周りから執拗に言われます。どれだけ仕事に打ち込んでいても、結婚して家庭をもつことを勧められるのです。結婚して共働きが当たり前の現代ですが、仕事が生きがいの女性が結婚した場合、それまでと変わらず仕事を続けられるのか?現実的にはなかなか難しいようです。

結婚して夫になった人が共働きを認めてくれても、ご飯は誰が作るのでしょう。「夫と二人で」「先に家に帰ったほうが」などと約束事を決めても、夫婦二人が仕事に忙殺されるような家庭が毎日ご飯を用意するには、相当な気力が必要です。そして些細なことで衝突が生まれるようにもなります。「協力する」という結婚前の夫の約束は守られないことが多いようです。結婚適齢期の男性の仕事はそれくらい忙しく余裕など無くなってしまうのでしょう。

結婚して共働きしても、女性が結婚前のように仕事に全力で向き合うことは困難といえます。ほどほどにしないと家庭に手をかけられません。

それでも世間の風潮は、共働き、家庭と仕事の両立が当たり前、といった感じです。女性だからといって甘えることは良いように思われません。しかし女性は子供を産みます。産んだ子供の面倒は誰を見るのか。夫婦で分担するといっても、実際の子育ての比重は男性よりも女性のほうが圧倒的に多くなります。イクメンという言葉ありますが、どんなに男性が育児に積極的に参加しても、大抵は女性のほうが頑張っているのが現状です。共働きの世帯であっても。

女性が、男並みに働いて家庭と仕事を両立させるのは理想ですが、現実的には難しいでしょう。仕事ばかりに時間と心をとられていたら、家庭をうまく回すことなどできません。時間に追いまくられるだけの日々を過ごし、幸せな結婚生活など不可能です。主婦の仕事はそれだけ大変なのです。

夢中で仕事を続けたいのなら、結婚や出産のチャンスを犠牲にする。それくらいの覚悟がないと、やっていけません。どんな自分でありたいか、女性としてどう生きていきたいか、なるべく早い段階で見極めることが大切です。

「普通の主婦」が夜の仕事をする女性を快く思わないワケ

普通の主婦」が夜の仕事をする女性を快く思わないワケ

きれいな女性はどれだけ年を重ねてもきれいです。家庭に入って夫以外の男性から見られる機会が減った女性は、明らかに女性としての見た目が劣化してしまいます。

若い頃、二十代前半まで位は、主婦でも、夜の仕事をする女性でも、生まれ持った顔立ちやスタイルが女としての評価を著しく決めます。しかし二十代後半から三十代に差し掛かるころには、先天的な美貌は手入れなしでは見られなくなります。老いをそのまま受け入れてしまえば、キレイでいるための努力をした女性には勝てません。年を重ねるほどに、美の追求と見た目の美しさに比例するのです。

さて、女性は男性に比べて嫉妬深い生き物といわれます。これには本能的な理由があり、一度に一人の男性の子供しか身ごもれない女性は、パートナーの男性を取られる可能性がある、色っぽい女性を不快に思う遺伝子レベルの習性なんだそうです。だから主婦のような昼の女性の多くは、夜の仕事をする女性を軽蔑というか、こきおろすような評価をします。

夜の水商売だけでなく、モデルやコンパニオンなど、華やかに女を武器にした仕事の女性には、たくさんの男性が寄ってきます。普通の主婦は「もしかしたらパートナーの男性をあの女に取られるかもしれない」と無意識レベルで思うのです。その結果、快く思えません。

複数の男性と交流することで、生活の糧を得ている夜の女性は、肉体関係は無くとも、女性の性を売っています。一方で主婦は、夫や家族に愛情を注ぐことで、安定した生活を送ることができます。

夫を他の女性に取られることは、安定した生活を失うことに直結します。だから華やかでキレイで男性から好かれる努力をしてる女性ほど、女性には好かれません。

水商売をつづけると普通の恋愛も普通の結婚もどんどんできなくなる

水商売をつづけると普通の恋愛も普通の結婚もどんどんできなくなる

※この記事は前ページ「女が、夜の仕事や水商売をすることで得るもの、失うもの」の続きです。

夜の仕事でたくさんの男性を相手にする女性も、恋愛を楽しみたい気持ちは昼の女性と一緒です。

普通に恋愛をしようと、同年代や少し年上の男性とデートする時、当然着飾って出かけるでしょう。しかし女性がきれいになるには、結構な時間とお金がかかります。夜の仕事であれば、着飾った分だけそれなりの報酬がもらえますが、一般レベルの男性とデートしたところで、金銭的な報酬などありえません。男性のことが好きで好きでしょうがないという程度まで気持ちが動いていれば別ですが、多くの場合、その気持ちに行き着く前に「この人といてもお金にならない。どうせならお金をくれる人がいい」という考えが浮かんできてしまうのです。

その結果、デートよりも仕事を優先して、女性はドンドン華やかになっていき、いっそう昼の仕事の一般男性とは思考も生活もかけ離れて生きます。水商売は、普通の生活や結婚を遠ざける魔力を持っているのです。

母親に「夜の仕事をやってもいいか」と訊ねると、多くの場合、止められるでしょう。昼と夜の常識を、1人の女性の中で使い分けるなんて、簡単にできることではないからです。どちらか一方の自分しか選べないのだから、夜の世界に足を踏み入れてしまえば、昼の自分を失ってしまうことを、親は、長い人生の経験則でなんとなくわかっているのでしょう。だから、子供をそんな世界に踏み込ませたくないのです。

水商売などの夜の仕事は、普通の恋愛や結婚とは対極にあります。結婚は1人の男性を選び、時間をかけて温かい家庭を築いていくものです。たくさんの男たちを手玉に取る夜の仕事の思考とは、かけ離れすぎています。毎夜、華やかにたくさんの人たちと社交している女性が円満な家庭をつくれないは、宿命と言ってもいいでしょう。少なくとも、その仕事から足を洗うまでは。

夜の仕事や、女性の性を売りにした仕事がなぜ高給なのか?それは普通の恋愛や結婚を成就させる可能性を暴落させることへの対価なのかもしれません。「楽して稼げる仕事は無い」といいますが、若くして高い給料を得るには、それなりのリスクがあるわけです。

女が、夜の仕事や水商売をすることで得るもの、失うもの

水商売、夜の仕事をすることで得るもの、失うもの

水商売など、夜の仕事は一般的に高給です。女であることを武器にした仕事は、とくに売り手市場のときにどんどん値が上がっていきます。逆にいえば、暴落する危険性も高く、長く稼げる保証も安定も無いのです。

風俗やモデル、コンパニオンなどもそうです。女を武器にする商売はある程度の容姿が備わっていてコツさえ掴めば、たくさんの給料を頂くことができます。しかしどんなにテクニックが磨いて稼ぐことができても短命です。若さを失えば、ワザを駆使しても稼げなくなってしまいます。輝ける期間が短いから、値打ちが上がります。

女性の水商売は、男性がお客になります。大抵の男性は多かれ少なかれ下心があり近づいてきますので、女性は値踏みされる立場です。「この娘と仲良くなりたい」という気持ちのある男性はあらゆる手段で誘いをかけます。頻繁に顔を出し、たくさんお酒を注文したり、プレゼントしたり、ストレートにデートやホテルに誘ってきたり。

仕事中、または仕事の延長の場で誘いを受ける女性は、場慣れと共に、うまくあしらうテクニックを自然とつけていきます。男性の下心を刺激しつつ、でも深い関係をもとめる誘いをはぐらかし、相手を怒らせず、自分も傷つかず、そんなやり方です。そしてテクニックを身に付け始めた頃に彼女たちは確信します。「女は金になる」と。

普通、昼に会社で働いているOLたちは「女は金になる」など意識しないものです。水商売をすることで、それを初めて知ります。「自分自身が商品である」と知ってしまった女性は、おおよそ普通の恋愛などできません。

水商売をつづけると普通の恋愛も普通の結婚もどんどんできなくなるに続く

自分の気持ちに正直に生きなければ、死ぬときに必ず後悔する

自分の気持ちに正直に生きなければ、死ぬときに必ず後悔する

「人生はあっという間だ」とよく言われます。多くの人がなぜか年を重ねるごとに時間の加速を感じるように、モタモタしているとやりたいことが何もできないままに一生を終えます。やりたいことができなければ、その分だけ後悔する羽目になるわけです。

人生の何に喜びを見出すかは人それぞれですが、何であれ、自分の気持ちを押し殺して、他人優先の人生を送るというは大方不幸せのように思います。日本は他国に比べると、うつによる自殺者が多いですが、これは日本人特有の真面目さ、我慢を重ねる性格が原因といわれています。我慢のし過ぎは心を破壊してしまうのです。

仕事でもプライベートでも人付き合いは必要で、いい人ほどストレスを抱えます。うまく手の抜き方を知っている人、言い方は悪いですが、小ズルく生きている人ほどストレスは溜まりません。ストレスが溜まらない方が、人生は楽しいでしょうし、長生きだってできます。我慢なんて体にも心にもいいことなんて一つもないのです。

自分の心に嘘をつき続けて生きてきた人は、死に際に必ず後悔します。好きな人がいるなら告白すべきだし、今とは違った仕事がしたいならすべきなのです。これは自分勝手に振舞えという意味ではありません。人の道に反しない範囲で、本当にやりたい新しい人生を歩みべきだということです。

新しいことをしようとすると逆風はつき物で、それなりにつらい経験をするでしょう。しかしもし失敗しても、やらなかったときの後悔に比べれば何のことはないはずです。我慢を重ねた人生は、人から尊敬されるかもしれませんが、羨ましいとは思われません。羨ましがられるのは、自由に生きてきた人生です。

誰もが自由に生きたいと願ってますが、何かに恐れて踏み出せず、最後の最後に悔しい思いをしています。病院のベッドで「先生、辛抱ばかりの私の人生、何だったんでしょうか?」と言ってる自分を想像すると悲しくなるでしょう。そうならないために、普段からやりたいことはささっとやるべきなのです。

1 / 2012345...1020...最後 »