40代を後悔せずに過ごす方法


守るべきものは多いけど、守りに入らず攻め続けよう

守るべきものは多いけど、守りに入らず攻め続けよう

40代は、守るべきものが多すぎます。まずは家族の生活、家のローンや子供の学費が多くのしかかってきます。仕事も管理職の立場で失敗すれば、役職のない頃より多くの迷惑をまわりにかけるでしょう。そして今のポジションを失うかもしれません。そう考えると、ついつい無難な選択をしがちです。40代はチャレンジすることに躊躇してしまう年代なのです。

しかし好きなことをやらなければ、50代60代になって後悔します。現役の40代の多くは、若い頃のようなチャレンジする気持ちを忘れていないでしょう。しかし、チャレンジすれば、どうして失敗の可能性を考えます。結局守りに入ってしまう人が多いのが現状です。40代ともなると、全力でぶつからなくても要領でかわしてしまうスキルが身についてしまっているから、なお厄介でもあります。

部下たちには口をすっぱくして言うでしょう。「チャレンジしろ」「失敗を恐れるな」と。しかし自分のこととなると、失うものの多さにしり込みしてしまう。挑戦したくてもできないのです。しかしそんな想いのまま、40代を過ごしてしまえば、後々きっと後悔します。後悔をしたくないなら、守り一辺倒ではなく、ほんのちょっとチャレンジしたらどうでしょうか。

万が一失敗しても失うものが最小限に抑えられる、そんなバランスを見つけて少しだけ責めてみてください。人生を後悔しないためには、アグレッシブな気持ちをなくしてはいけません。

40代に必要なスキル、30代の延長だと失敗する

40代に必要なスキル、30代の延長だと失敗する

40代は30代の延長ではありません。時間的には繋がっていますが、仕事的には、大きな切れ目が存在します。 (さらに…)

いい人生を送れたかどうかは、40代の過ごし方で決まる

いい人生を送れたかどうかは、40代の過ごし方で決まる

人生を80年とした場合、40代はちょうど折り返し地点になります。マラソンと同じようにこの40代の10年間が人生最大の転換期です。

企業は組織ですから、上司が幅を利かす中では、20代30代では自分のやりたい仕事にはなかなか恵まれません。しかし40代になると違います。自分が上に立つ立場になり、個性やセンスを発揮できるチャンスが巡ってきます。したがって、40代の10年間をどう過ごすかが、残りの人生の後悔せずに過ごせるかの大きな分かれ道になるわけです。

定年した人たちに人生を振り返ってもらうと、多くの人は40代の自分を後悔しています。40代は仕事において部下を持つ管理職になる人も多く、リーダーの素質が求められます。上司と部下に挟まれた位置でバランスよく仕事をこなさなければなりません。結婚して子供がいる人なら、子供の教育、夫婦間のこと、両親のことなども同時に考える必要があるでしょう。20代や30代なら自分第一で行動していた人も、他人に振り回される機会が多くなるわけです。

また、仕事において20代30代は成果を積み上げることが主な目的でした。リーダーシップを取れる40代ともなると違います。これまで積み上げきて成果を仕事にどう生かすかが求められます。30代の延長ではなく、まったく新しい発想が必要になってきます。

つまり40代は仕事のやり方がガラッと変わってきます。それゆえ、これまであまりパッとしなかった人も逆転できる大きなチャンスで、逆に、うまくやってきた人も気を抜くと一気に落ちぶれる恐れのある年代です。晩年になり「いい人生を送れた」と言えるかどうかは、40代をどう過ごすかにかかっています。

5 / 512345