ビジネスマナーができてないとバカにされる

ビジネスマナーができてないとバカにされる仕事での人間関係を円滑にするには、正しいビジネスマナーの習得は必須です。ビジネスマンにとって常識的なビジネスマナーを知らないと、他がどんなに優れていてもバカにされ見下されます。

常識的なビジネスマナーとは、敬語、電話・メールの応対の仕方、名詞の受け渡し、身だしなみなどです。人と接する上で欠かせない、これらの行為はどれかひとつ抜け落ちてもダメです。一般的に決まったやり方があり、ルールどおりの振る舞いから外れると、「非常識なやつ」と評価されます。

仕事で重要なのは、信頼感です。信頼できる相手だからこそ、一緒に仕事をしたいと思うし、大切な用件を任せられます。あなたがどんなに責任感が強く、きっちり仕事をこなす人であっても、会って間もない人にあなたの内面などわかりません。やはりビジネスマナーを通して、振る舞いや人柄を見ることになります。

相手に敬意を払う気持ちを一番表現しやすいのがビジネスマナーです。正しい敬語で、正しい振る舞いをすることで、きっちりした人だと安心して仕事を進めることができます。もし敬語が使えない、名詞の渡し方も知らない、しわくちゃのスーツを着ている相手なら、あなたも一緒に仕事をしたいとは思わないはず。他社からこんな人が訪問してきたら、「なめられたものだ」と思うでしょう。

ビジネスマナーを習得し、それを丁寧に実践することは、相手に思いやりの心を示すことです。誰だって相手の思いやりが見えれば、こちらも思いやりを持って接したいと思います。逆に相手からおもいやりが垣間見えなければ、いい人間関係を積極的に築きたいと思わないでしょう。

同じ職場で働く上司や部下、同僚。取引先の担当者、出入りの業者など、仕事はとても多くの人に囲まれて行われます。そんな人たちがまず目にするのが相手のビジネスマナーです。ビジネスマナーは、できることが前提のですので、もしあなたに自信のない部分があればすぐに改めるべきです。ビジネスマナーができないと、ずっとバカにされたまま仕事をすることになります。