行動が遅い人、手際が悪い人は見下される

行動が遅い人、手際が悪い人も見下されるもたもたした仕事振りの人や段取りが悪くスムーズさに欠ける人も、他人からよく見下されます。人と関わっているとスピードを要求されることも多く、相手の期待したスピードより遅いと、「ダメなやつ」とバカにする人が出てきます。

行動が遅くマイペースなのは、性格であることが多く、簡単に変えられるものではありません。追い込まれないと行動できないのは、脳の使われ方が大きく影響しているようです。それはもうその人の個性です。手際が悪い人も同じく、性格が起因している部分が多く、簡単に直せるものではありません。物事のコツを掴むことである程度改善できますが、限界があります。これも立派な個性です。

「個性だから受け入れる」べきというか「個性だから受け入れざるをえない」と思うのですが、それだけでは、見下されたままです。しかし、行動が遅い人、手際が悪い人が全員見下されているかというと、そうではありません。人は自分を演出することで、短所を長所に変えることができれば見下されません。

行動が遅い、手際が悪いと見下されるなら、落ち着いた自分を演出することで他人からの評価を変えることができます。ゆっくり話す、常に冷静で自然体、じっくり考え適切な判断を下すといったことをうまく演出できれば、あなたはその部分で尊敬されます。

行動が遅い人や手際が悪い人は、すでにその素質が十分備わっているので、心がけ次第でとても魅力的な長所に育てることができます。スピードが求められる部分では、自分の魅力を発揮できないでしょうが、物事をじっくり考え、追求する部分では、他の人より一歩も二歩も上にいけます。

変えられない短所があるなら、それを逆手に長所をつくるといいです。できた長所は誰にも負けないすばらしいものになります。秀でた長所があれば、見下されません。