言い返さないとなめられ続ける。冷静に反論するといい

言い返さないとなめられ続ける。冷静に反論するといい
ほんの些細なミスやくだらない内容で人をなめた発言をする人もいます。「ダメだなぁ」「バカだなぁ」など、人を傷つける言葉が口癖の人もいて、そんな人たちの中には、人を傷つけている自覚がない人も多いようです。

間違ったコミュニケーションをする人には、近づかないのも手ですが、会社や学校などで、どうしても顔をあわせる必要がある人だと、そうもいきません。そんなときはきっちり言い返しましょう。反論しないとなめられ続けます。なめた発言を止めるには「あなたの言葉は人を傷つけている」と自覚させるのがいい方法です。

反論するときに一番大事なことは、冷静になることです。冷静さを欠き、感情的になると、それを面白がってより酷くなめてくる人もいます。相手にしてみたら、してやったりです。その手は食わないように、落ち着いて真剣に言い返しましょう。

「バカってなんだよ」「あなたに迷惑かけるわけじゃないでしょ」などと反論し、「自分は言われるままの人間ではない」とわからせます。強い口調で相手の目を見て、一切笑わず真剣に伝えれば、自分の言葉が間違っていたと、気づいてくれるでしょう。

また、わざと見下し返すのも有効な手段です。「ダメだなぁ」「バカだなぁ」と言われたら「どっちがだよ」「あなたよりマシだと思うけどね」と相手をなめ返すのです。さらに相手が反論してきたら、言葉のバトルを始めてもいいですが、冷静さを失うとけんかになりますので注意です。言い返してきた相手には、かまわないでおくのも手です。

簡単になめた発言をする人間は、哀れな人間です。そんな相手の言葉を気にする必要もないのですが、しつこいとわずらわしいものです。迷惑だなぁと感じたら、きっちり反論しましょう。言い返してくる人間をバカにし続けられる人はそうそういません。