上司にバカにされない部下になる方法

上司にバカにされない部下になる方法

懐の深いできた上司なら、部下がどんな人間であってもバカにする事はしません。しかし、そんな上司はあくまで理想であって、なかなかいません。上司にバカにされない部下になるには、部下自身が変わっていくのが確実な方法です。バカにされない部下になる方法を具体的に挙げていきます。

まず、バカにされないためには行動力をつけることです。仕事への取り掛かりが遅かったり、言い訳ばかりで結果を出さない部下はバカにされます。逆に、積極的に行動し、しっかりと成果を挙げる部下は上司からも一目置かれます。仕事へのバイタリティーは上司が一番求めているものです。

つぎに、仕事に対する素直さも重要です。上司からの言葉は基本的には聞き入れる。しかし、疑問や意見があれば、納得するまで上司に質問する。上司が困るようなことでも、必要と感じたらしっかりと主張できる素直さ、物怖じしない態度はバカにされないためにも必要です。疑問を疑問のまま残さない態度は、信頼さにもつながります。

そして、性格や雰囲気もバカもされないためには大切な要素です。考え方がネガティブだといいイメージは持たれません。上司は、態度は控えめでも、前向きで知恵のある発言のできる部下を求めています。性格を根本から変えるのは簡単ではありませんが、せめて仕事中は明るく行こうと心がけるだけで、少しずついい方向に変わっていけます。

バカにされない部下になるには、上司に慕われ必要とされることです。「明るく前向きで、行動力のある、素直で信頼できる部下」をどんな上司も必要としています。そんな部下に近づくことで、上司から愛されます。仕事のできる部下をバカにできる上司などいません。