いい人生を送れたかどうかは、40代の過ごし方で決まる

いい人生を送れたかどうかは、40代の過ごし方で決まる

人生を80年とした場合、40代はちょうど折り返し地点になります。マラソンと同じようにこの40代の10年間が人生最大の転換期です。

企業は組織ですから、上司が幅を利かす中では、20代30代では自分のやりたい仕事にはなかなか恵まれません。しかし40代になると違います。自分が上に立つ立場になり、個性やセンスを発揮できるチャンスが巡ってきます。したがって、40代の10年間をどう過ごすかが、残りの人生の後悔せずに過ごせるかの大きな分かれ道になるわけです。

定年した人たちに人生を振り返ってもらうと、多くの人は40代の自分を後悔しています。40代は仕事において部下を持つ管理職になる人も多く、リーダーの素質が求められます。上司と部下に挟まれた位置でバランスよく仕事をこなさなければなりません。結婚して子供がいる人なら、子供の教育、夫婦間のこと、両親のことなども同時に考える必要があるでしょう。20代や30代なら自分第一で行動していた人も、他人に振り回される機会が多くなるわけです。

また、仕事において20代30代は成果を積み上げることが主な目的でした。リーダーシップを取れる40代ともなると違います。これまで積み上げきて成果を仕事にどう生かすかが求められます。30代の延長ではなく、まったく新しい発想が必要になってきます。

つまり40代は仕事のやり方がガラッと変わってきます。それゆえ、これまであまりパッとしなかった人も逆転できる大きなチャンスで、逆に、うまくやってきた人も気を抜くと一気に落ちぶれる恐れのある年代です。晩年になり「いい人生を送れた」と言えるかどうかは、40代をどう過ごすかにかかっています。