40代に必要なスキル、30代の延長だと失敗する

40代に必要なスキル、30代の延長だと失敗する

40代は30代の延長ではありません。時間的には繋がっていますが、仕事的には、大きな切れ目が存在します。これまで脇役としてこなしてきた仕事にも、40代になると主役に抜擢されるチャンスが巡ってきます。すると、求められるスキルも変わってきます。

30代まではプレイヤーとして個の力を発揮することに集中していればよかったのが、40代では、自分ひとりではなく、周りの力を引き出し、それを結集させ、ぶつける方向まで描いていかなければなりません。部下や上司、取引先などの間に入り、自分自身の業務というより、歯車をうまく回すための調整業務にやたらと時間がとられるようになります。

20代や30代では、結果さえ出れば猪突猛進型でも、地道にコツコツ型でもよかったでしょうが、今度はいろいろなタイプの人間をまとめるマネージャー的なスキルが必要になってきます。当然これまでの延長で仕事を進めていたのでは、期待通りの結果にはなりません。40代はうまく乗り切るには、それに早く気付くことが重要になります。

また、家庭があり子供もいるビジネスマンであれば、家族の事情も変わってくる時期だと思います。思春期を迎えた子供からは「うざい」と煙たがれることもあるでしょう。子供に手がかからなくなったと、妻が仕事に復帰することになるかもしれません。受験で大きな出費が必要になるのもこの頃です。これまで人ごとだった親の介護も、日増しにリアル感が増す年代でもあります。家庭を顧みつつ、新しい仕事のやり方を覚える必要があります。

40代、まだまだ楽はできません。しかし最後の踏ん張り時です。40代は、仕事の収穫期ともいわれ、20代で種をまき、30代で育て、それを収穫する年代です。これまでの努力が報われるかどうかは、40代の10年間にかかっています。