誰にも負けない、自信・強みの作り方

誰にも負けない、自信・強みの作り方

会社に入りたての20代のころ、バリバリ働く40代の人たちはとても頼もしく映ります。「あんなふうになりたい」と憧れる上司や先輩がいた人もいることでしょう。しかし、自分が40代になった今、後輩や部下から頼もしく尊敬される人になっているでしょうか。実際のところ、余り自信がないと感じる人が多いと思います。

人は自信を持って行動すれば、それは風格にも表れ、周りの目には頼もしく映ります。しかし、見せ掛けではない本当の自信を持つには、それ相応の成功体験が必要になります。但し、そんな成功体験、みんなが経験できるわけでもありません。

40代になると、社会や職場では30代以上に自信が求められます。上司や部下、同僚や取引先に対して自信のある言動を振るわなければ、信頼も得られず軽んじられます。20代の頃であれば、自信のあることが逆に成長の妨げになることだってありますが、40代にとって「自信」は必須スキルなのです。

その理由は単純明快で、組織を率いる立場になっているからです。自信のない人に人はついていきません。「人を動かす」には自身が必要不可欠なのです。年齢相応の見られ方をしたいなら自信をかもし出すことです。

自信を付ける方法のひとつに自分の強みを見つけるという手段があります。誰にも負けない何かを見つけて、それを自信を起こす原動力にするのです。30代までの経験から自分にはこれが向いていると感じたものを見つけ、40代はそこに気持ちを注ぎ、その土俵で勝負すると決めるのです。そういったキャリア戦略を立てることが、自信につながります。

また、「自信を持つ」ためには感覚的にではなく、理論的にとらえることをオススメします。漠然と自信のアリナシを感じるのではなく、「どの程度であれば自信を持っていいレベルなのか?」という基準を自分自身にもうけるのです。そうすれば、謙虚な性格や理想が高く自己評価が厳しい人でも、自信を持ちやすくなるでしょう。

40代、周りから尊敬されることで後悔のない仕事人生が送れます。誰にも負けない、自信や強みを見つける意識をしてください。これまで経験を振り返れば、他人より優れた点がきっと見つかります。