役職を目指すか、専門性を極めるか、具体的な未来設計をしよう

役職を目指すか、専門性を極めるか、具体的な未来設計をしよう

20代から始まった出世レースも40代に入ると、最終コーナーを迎えます。この時期になると改めて考えなければいけないことが出てきます。「組織人としてどこまで目指すのか」ということです。部長を目指すか、課長なのか、それとも役職は目指さず専門職として専門性を極めるか、具体的に未来設計をする必要が出てきます。

ピラミッド型の組織からフラット型の組織に移行してしまった現代、役職のポストも大きく減りました。8割が課長にさえなれない時代といわれています。30代の中には、上司や部下との板ばさみにあう先輩を見て、はなから役職を目指さない人も増えてきています。

実際に出世できるかどうかは、会社が決めることであって、個人が頭の中で考えてもどうなるものでありません。そのため「どこまで目指すか」という具体的な未来設計をする人は、実際はあまり多くはありません。ぼんやりと「同期と同じくらい課長に・・・」「運がよければ部長あたりに・・・」と思い描く人がほとんどでしょう。

しかし、40代を終えた先輩方に尋ねると、流されることなく自分の意思で未来を切り開かないと後悔するようです。40代でキチンと未来設計をするかしないかで、その後の人生の方向性が決まってきます。自分の可能性を限定してしまったり、先輩や同僚がかもし出す諦めムードに飲み込まれてしまっては、会社で大いに活躍できる黄金期、40代を無駄に通り過ぎてしまいます。

転職を考えるのだって、40代はラストチャンスです。転職のボリュームゾーンは第二新卒から35歳前後までといわれます。40代の転職で求められるスキルは、中間管理職以上のマネジメント能力がほとんどです。35歳までの人たちに求めるスキルとは全然違ってきます。そして40代を終えると、これ以降の転職は現実的ではありません。

独立する場合も40代が最後のチャンスでしょう。20代30代であれば失敗しても再就職や再チャレンジが可能です。しかし家族があり家のローンや子供の養育費、自分の気力を考えると、ここで失敗したら後がない状況です。リスクと向き合って慎重に考える必要があります。

「どこまで目指すか」を考えることは「どこは目指さないのか」を考えることでもあります。未来が見えていないと、何に努力していいのかもわかりません。後悔は、ないも努力しないことから生まれます。50台を迎えてから後悔しないためには「ありたい自分」を想像し具体的な未来設計をすることです。