管理職は「部下のモチベーション」をマネジメントする仕事

管理職は「部下のモチベーション」をマネジメントする仕事

これまでの脇役的な仕事内容から、主役を演じる仕事に移行するのが40代です。40代になると、管理職を任される機会が多くなり、それまでより自由に自分の意思を仕事に反映させることができます。しかし、同時に上司と部下の間に挟まれて仕事をしなければいけないので、それが重荷にもなります。

自分の意思を織り込んで、指示できる立場でもありますが、そこのは当然「責任」が伴ないます。ほとんどの仕事は自分個人で行う仕事ではなく、チームとして複数人で取り込むものなので、そこには「人を動かすスキル」が求められます。

プレイヤーとして優秀だったため、マネージャー職に昇進した人はよくここでつまづきます。個人プレイでやっていた頃と違い、マネジメントは人を動かす業務です。プレイヤーの業務とはまったく違う職種のため、やり方がわからず不振に終わってしまうのです。

プレイヤーからマネージャーに昇進した人は、半数以上が失敗します。なぜこのようなことが起こるのでしょうか。よくあるのは、仕事ができて順風満帆にマネージャーまで上り詰めた人は、壁にあたっている人の気持ちがわからないということです。だから適切なアドバイスや行動ができないため、メンバーをうまく育成できないのです。自分はなんとなくできてしまったから、できない人に教える方法がわからない。結局「なんでできないんだ!」ということしか言えないのです。

管理職になった40代は「人を動かすスキル」を身に付けておけばよかったと後悔します。「人を動かすスキル」が身につかない人の多くは勘違いをしているようです。管理職は「業務をマネジメントするもの」と解釈しています。部下の進捗を管理したり、指示を出すことがマネジメントだと思っています。まったくの間違いではありませんが、それではチームはうまく回りません。

管理職に求められるのは業務のマネジメント以上に「部下のモチベーションのマネジメント」です。部下の気持ちに火をつけたり、やる気を起こさせる工夫、コミュニケーションが要求されます。40代になり、後輩が増えると必ず求められるスキルです。若いうちから意識しておくといいでしょう。

また、「自分のスタイルを押し通す」ことで、うまくマネジメントできない人もいます。自分のスタイルが部下やチームにハマれば、うまくいくでしょうが、ハマらなければ成果は上がりません。効果がある場合と効果がない場合があるのです。しかし「自分のやり方は間違っていない」と信じきっていると間違いに気付かず、取り返しのつかないことになります。時代や人が違えばやり方だって変わってきます。それに気付かないと部下に愛想をつかされて終わりです。

命令だけで部下が動いてくれるのは、部下が優秀だった場合のみです。多くの管理職には、「部下のモチベーション」をマネジメントする能力が要求されます。それを意識して指揮をとらないと、うまくいきません。