空気が読めない、浮いた人間は出世できない

空気が読めない、浮いた人間は出世できない

企業の中でも高学歴で、とても才能を持っているだろうにそれを生かせない部署で働いている人がいます。組織の中で冷遇されているわけですが、それに至った理由を本人に尋ねても、「上司とそりが合わなかった」「運が悪かった」という外的な要因で片付ける場合がほとんどです。

実際のところ、彼らの共通点を探してみると「少し浮いた人間」だということです。40代というと本来なら、後輩たちの見本を示すべき年代です。しかし彼らは相手の立場に立てず、一方的に仕事を進めてしまうような人たちなのです。別の言い方をすれば、空気が読めません。

これが20代であれば、上司や先輩など指摘してくれる人も多く、改善の機会がたくさんあります。もし30代まで引きずっていたとしても、そこで大きな失敗や挫折を味わうことで、大半の人は自分本位の性格を直すことができます。しかし、そんな修正の機会に恵まれなかったり、頑なに自分のふるまいを変えようとしなければ、疎まれてしまうのです。

40代にもなって空気が読めないままでいると、よほど飛びぬけた実績でもない限り、チャンスももらえず軽い扱いをうけます。リストラや閑職に追い込まれる対象といえます。

浮いた人間を卒業するには、小さな行動から変えていくのがいい方法です。人の性格はなかなか変わりませんが、小さな行動を実行するだけなら、誰でもできるでしょう。もし人から「もう少し人の立場にたって」と指摘されたことのある人は、少しずつ行動を改めるのがいいと思います。