健康的に見せれば好感がもてる

健康的に見せれば好感がもてる

仕事がうまくいってる人、私生活が順調な人、異性からモテモテの人、こんな人たちには共通点があります。どの人もどことなく健康的に見えます(そんな傾向が強いです)。

誰しも健康でいたいと思います。病気にならないたくましい肉体にあこがれます。他人を見たときも、生き生きして堂々とした人は輝いて見えます。元気であれば好感が持てるし、一緒にいて楽しいだろうなと感じます。恋人や友達として付き合う場合も、健康的であることは大きなアドバンテージとなります。

健康的に見えれば、仕事上の評価も変わってきます。「バリバリやってくれそうだ」「根性がありそうだ」「売り上げに貢献してくれそうだ」というイメージを与えられます。結婚相手としても「周囲も認めてくれそうだ」「元気な赤ちゃんがつくれそうだ」といい評価が得られるでしょう。

逆に不健康な人は不幸なイメージが付きまといます。すすんで一緒に居たいとは思われにくいでしょう。

学歴や職歴、容姿に関係なく、ただ「健康的に見せる」ことにこだわれば、人生は好転するのです。

好感がもてる健康的な人は、客観的に見て健康的な人です。内面が健康的であるのはもちろん大事ですが、好感が持てるかどうかに関して「健康的な演出ができるかどうか」にかかってきます。

(残念なことに)ルックスのいい人は、健康的に見えます。元気にやってくれそうだとか、明るく振舞ってくれそうだと思われるのです。しかし、ルックスにあまり自信がなくても大丈夫です。見た目を補う演出をすれば、健康的に見せることは可能です。

たとえば「もう少し足が長かったらな」と悔やむだけなら何も変わりません。しかし前向きに取り組むなら、女性ならヒールを履けば足を長く見せることができます。男性でも細身のパンツを履けば、スリムに見えます。「ニキビが気になるな」と思うなら生活習慣を改善したり、女性ならメイクもいい手段です。

先天的に引き継いだものは変えようがありません。顔もスタイルも大部分はどうすることもできないのです。ただ、それを補う演出をすれば、その前向きに取り組む姿勢自体でも、生き生きとした印象を与えることができます。

健康的に見せようとする気持ちが大事です。堂々とした表情、背筋が伸びた姿勢、しなやかな動き、自分にあった服装など、自分をよく見せる演出を心がけましょう。健康的に見せれば、ポジティブさも演出できて好感がもてます。