アイコンタクトの効果は「信頼を高める」

アイコンタクトは信頼を高める

コミュニケーションをとるとき「目を見る」ことをどれだけ意識しているでしょうか?互いの目を見ることはコミュニケーションの基本です。会話をするときにアイコンタクトをとるのは基本的な礼儀とされています。しかし、見れているようで実はきちんと見れていない人も多いようです。

あなたは一番最近会話をした人の目の印象を覚えているでしょうか?もし覚えていないなら、見ているふりをしているだけかもしれません。アイコンタクトの効果を享受するにはもっと深い意識が必要になります。

アイコンコンタクトには信頼を高める効果があります。「きちんと話を聞いている」「自分は自信をもっている」ということを相手に伝えることができます。いい人間関係を築くためにも欠かせない反応なので正しく習得したいものです。

目を見ることに恥ずかしさを感じる場合は、相手の鼻に注目したり、まばたきの数を数えることに意識を集中したりするといいでしょう。徐々に目を見ることへの抵抗も和らいでいきます。

アイコンタクトを行うときはいくつか注意点があります。まず、過度のアイコンタクトは避けること。長い時間見続けると互いに緊張することがあります。そうなっては相手にも失礼ですので、適度に目をそらしましょう。会話の中で話にうなずくときに、それと連動して目を上下に動かすのもいいでしょう。

また目の前に大勢いる場合も、全体を見るばかりでなく、一人一人とアイコンタクトを取りましょう。話の主導権を握っている人がいたら、その人の目を見る。自分が話をするときも一人一人順番に目を合わせていくといいでしょう。

体の向きにも気をつけたいものです。せっかくアイコンタクトで相手に関心があることをアピールしているのに、相手のほうに向いているのが顔だけで、体がそっぽを向いていたらウソ臭く感じます。アイコンタクトをするときは、体全体を相手の方に向けましょう。

興味ある相手、興味ある話のときは自然といいアイコンタクトができているはずです。「今いいアイコンタクトができてるな」と感じたら、その感じはを忘れずに覚えておけば、信頼をためるアイコンタクトが早く習得できます。