褒められたら否定せず「ありがとう」と受け入れる

褒められたら否定せず「ありがとう」と受け入れる

あなたは人に褒められたとき、どんなリアクションをするでしょうか?日本人は謙遜しがちな人種です。「スタイルがいいね」「仕事ができるね」などとせっかく褒めてもらったのに「いえいえそんな」と遠慮する人も多いようです。

人に好かれる人になりたいなら褒め言葉をもらったら「ありがとう」と言うべきです。なぜなら褒める側も「褒める理由」を探す努力をしてくれているからです。せっかく頑張って褒めてくれたのに「そんなことないです」と否定すれば、相手はまたフォローしなくてはなりません。相手の善意、主張は受け入れることが人に好かれる秘訣です。

褒め言葉をそのまま受け入れては、謙虚さが足りない、うぬぼれてる感じになってしまうと心配する必要はありません。難しく考えずに「相手は自分のことを考えてくれてる」そういう思いに「ありがとう」を言えばいいです。

「ありがとう」を伝えるパターンもいくつかあります。一言「ありがとう」だけ言うのが気恥ずかしいと感じるなら「○○さんに言っていただけるなんて光栄です」と相手を持ち上げ返すことで、照れくさい気持ちをごまかすことができます。また「少しでもご期待にこたえられるように頑張ります」とやる気をアピールしても、相手の褒め言葉を受け入れたことになります。

褒め言葉は受け入れてこそ、相手も褒めてよかったと感じます。否定することなく心を込めて「ありがとう」を伝えましょう。