安心感を与えるには当たり前の礼儀やマナーを心がける

安心感を与えるには当たり前の礼儀やマナーを心がける

安心感を与えられる人は周りからも人気があります。「○○さんは礼儀正しいから安心して紹介できる」「△△さんは話題を振ってくれるから会話にも困らない」など安心を感じる人は、仕事やプライベートを問わず大事な存在です。

「安心感がある人」になるのは難しいことではありません。相手への気遣いや当たり前の礼儀やマナーを心がければ、それが「安心感」につながるのです。

具体的には、次のようなことを心がけるといいでしょう。

  • 待ち合わせの時間に遅れない
  • 愚痴をこぼさない
  • 人の悪口を言わない
  • 秘密は絶対守る
  • 相手の気持ちに配慮して話題を選んだり、行動したりする
  • 外にいるときは「見られている」意識を常に持ち態度、言葉に気をつける
  • 店員へ横柄な態度を取らない など・・・

挙げればキリがないですが、常識から外れた行動をしないことが安心につながります。

また男女に対する扱い方は変えたほうが安心感を与えられます。レディーファーストという言葉があるように、男性と女性では接し方を変えるのが一般的です。あなたが男性なら、ドアと通るとき椅子にかけるとき女性を優先させる。逆にあなたが女性で相手がマナーにうとい男性なら、恥を欠かせないようにうまく振舞うことも大切です。重い荷物があれば率先して男性が持つべきでしょう。

「安心感を与える」のに難しいことは何一つありません。当たり前の礼儀やマナーを身に付けるだけです。それが完璧にできるようになれば「品格のある人」と思わせることもできます。