「好かれる」より「必要だと思われる」人間を目指す

「好かれる」より「必要だと思われる」人間を目指す

人から好かれたいと思っている人は大勢います。誰だって嫌われるより好かれるほうがいいに決まっています。「人に好かれる方法」を探している途中でこのページを見つけた方もいるでしょう。

「相手から好かれたい」という気持ちは多くの人が抱きます。仕事の人間関係に悩んだり、もっと異性からモテたいという思いがあって、それを改善するためにアクションを起こすことはとても素晴らしいことです。

人から好かれるために一番有効な手段はあなた自身が魅力的になることです。そこでオススメしたいのが「好かれる」より「必要だと思われる」人間を目指すことです。「必要だと思われる」人間になれば「好かれる」だけでなく周りの人を魅了する力も身に付けることができます。

「好かれる人」と「必要だと思われる人」の行動の違いをいくつかあげてみます。

■相手から好かれるためにする行動

  • 相手の好みの合わせようとする(愛されたいという思いが強い)
  • 相手を「受け入れる」より相手に「受け入れてもらう」という気持ちが優勢
  • 本当の自分以上に「よく見せよう」とする

■相手から必要だと思われるためにする行動

  • 相手のニーズを探ろうとする(相手の役に立ちたいという思いが強い)
  • 相手に必要なことならば、厳しいアドバイスもする
  • ありのままの自分を好きになってもらうために、自分磨きに励むようになる

相手から必要とされる人になるには、相手のニーズを把握してそれを提供できるだけの魅力を身に付ける必要があります。それは「人から好かれる」より難しいことですが、自分自身の本当の成長につながります。「人に好かれる」ことを目指せば、相手に合わせて背伸びをするのでストレスになります。「必要とされる」ことを目指せば、頑張った分だけ自分が変わっていきます。どちらがいいかは明白でしょう。

必要とされる人になれば、人に合わせることをしなくなった分、自分のキャラが確立されます。「○○さんといえばこんなキャラ」というイメージが定着するので「どんな人なのか分からない」という不信感がなくなります。信頼感も安心感もアップするのです。

また人に合わせることをしなくても、人が慕ってくれることに気づけます。人を惹きつける魅力が持てるようになり、自信も生まれます。自分の価値をドンドン高めることができます。

「この人は必要だ」と思われると自然と好かれます。「好かれること」だけに執着しなくても自分の魅力を高めれば人は好意を持ってくれるのです。独りよがりの「好かれる」より相手のためを思う「必要な人間になる」ほうが、自分自身が得るものの大きいのです。