気が利く人とは、相手の立場で物事を感じ取れる人のこと

気が利く人とは、相手の立場で物事を感じ取れる人のこと

仕事でもプライベートでも「この人、気が効くなぁ」と感じた経験があると思います。逆に「気が効かないなぁ」と感じたこともあるでしょう。

世の中には、気が効く人もいれば、気が効かない人もいます。気が効く人になれば、慕われるし、人としての魅力が増しますから「気が効く人」に越したことはないと思います。相手が喜べばこちらも嬉しいし、人間関係もよりよくなるでしょう。気を利かせた分だけ、こちらにも恩恵があります。やはり世の中をうまく渡るためにも、気が効く人は目指すべき人間なのです。

では、具体的に「気が利く人」とはどんな人のことを言うのでしょうか?たとえば、一緒に食事をしていて相手の飲み物がなくなったとき、すぐに注文してあげる。この行為が気が利く行為かどうかは、相手がそれを望んでいるかどうかが重要になります。相手が「おかわりしたいな」と思っていたら、注文したことは気が利く行為です。しかし、「おなかが一杯で、もう帰りたいな」と思ってたのなら、ありがた迷惑です。

相手の思いや性格を考慮せずに、なんとなく優しく振舞うと、せっかくの好意が逆効果になることもあります。優しくしても、相手が不満を抱けば「気が利かない人」になってしまうのです。上手に気を利かせるために、最も心がけたいのは、相手の立場で物事を感じ取る努力をすることです。相手の立場で物事を考えると、どうすれば相手の心が満足するかわかるようになります。その上で満足させるように行動します。

気が利く人になるには、相手が何を考え何を求めているかを念頭において振舞うことが必要不可欠です。こういうととても難しいように聞こえるかも知れません。しかし実際はそんなに難しいことではありません。あなたの周りにも気が利く人がいるように、コツさえ掴めば、誰でも気が利く人になれます。そして気が効く人になるための大前提が、相手の立場に立って物事を感じ取ることです。