気が効く人になるには、考えすぎずに行動しよう

気が効く人になるには、考えすぎずに実行しよう

気が効く人になりたいなら、考えすぎずに行動しましょう。頭まであれこれ考えると上手な心遣いができなくなります。たとえば、見返りを期待することもいい結果につながりません。

誰しも人に優しくしたり親切にする裏には見返りを期待します。「無償の愛」もありますが、多くの場合、親切にしたら感謝されたいし、優しくしたら優しくされたいと思うでしょう。

しかし、上手に気を利かせたいなら見返りを求めることはオススメしません。見返りを求める気持ちが不純だからという意味ではありません。見返りを求めて気を利かせたのに、もし見返りがなかった場合、気を利かせる行為が嫌になってしまうからです。

見返りを求めて、その見返りがないと「こんなに頑張ってるのに!」「たくさん気を使ってあげたのに!」と不満が募ってきます。相手に対しても批判的な感情が芽生えてきます。これでは長く続きません。こんな気持ちにならないためにも、過度な見返りは期待するべきではないのです。人の行為はいずれ正当に評価されます。あせりは禁物です。

また、気を利かせるために相手の気持ちを深く考え過ぎるのもよくありません。気遣いは、相手の気持ちを考えることが必須ですが、考えすぎると「もしかして余計なお世話になっちゃうかな」「こんなこと言ったら誤解されちゃうかな」と何も行動できなくなります。

本人にとって何も行動しないことが気を利かせた結果であったとしても、その想いは相手に伝わりにくいものです。「あの人は何もしてくれない。気が効かない人だ」と思われては悲しすぎます。

気が効く人になるには、見返りを期待しすぎても、相手の気持ちを深読みしすぎてもダメなのです。頭で考えすぎる前に行動することで上手な気遣いができるようになります。押し付けがましくなく、自信を持って堂々と振舞ってみましょう。