気遣いに大事なのは加減とタイミング

気遣いに大事なのは加減とタイミング

あなたの周りの気が利く人を思い出してみて下さい。優しい声をかけていたり、連絡がまめだったり、お茶を入れてくれたり。誰にでもできることをやっているだけです。しかし同じことをやっても気が利く人と気が利かない人の差は生まれます。

気が利く人になるには、行動することが大事です。そして行動の中身も大切ですが、それ以上に大切なのは加減とタイミングです。「今欲しかった!」というぴったりのタイミングで言葉や行動を示すと「なんて気が利く人なんだ」と感謝されるのです。

気が利く人は相手をよく観察しています。そして相手が今何を欲しているかを敏感に感じ取ります。今この瞬間相手が欲してるものをリアルタイムに与えるのです。気遣いは内容は些細なことでも、タイミングさえ良ければ相手を感動させることができます。

怒られてへこんでるときに「大丈夫?私はあなたの味方だからね」と言ったり、突然残業を言い渡された同僚には缶コーヒーを差し出す、といったことをすれば、相手の胸をジーンとさせられるということです。

タイミングと同じくらい大事なのが気遣いの加減です。過度な親切は誰でも受けづらいものです。相手に悪いなという気持ちだったり、借りを作りたくなかったり、何か裏があるんじゃないかと疑ったり。多くの人はそんなことを思います。せっかく気を利かせたつもりでも、相手を気疲れさせては、ありがた迷惑なだけです。

小さなため息を一つついた相手に「どうしたの、何か困ったことでもあるの?今晩相談に乗ろうか?」などと大げさに言えば、相手はびっくりして「いやいや、大丈夫です」と言うでしょう。気遣いも加減を間違うと相手を困らせてしまうのです。

気が利く人は、高価なものを買ってあげるとか、旅行に連れてってあげるとか、そんな大げさなことは何一つしていません。しかしたくさんのお金や時間をかけたことに匹敵するような感動を相手に与えます。なぜなら、絶妙な加減とタイミングで相手の心を満たせるよう、働きかけているからです。