気配りは事前準備がものをいう

気配りは事前準備がものをいう

相手を心からもてなそうと思うと事前準備が必要になります。相手が何を欲し、それを満たすために、こちらが事前にできることは何かを考えることが必要不可欠です。

気が利く人になりたいなら、相手の気持ちを先読みしておくことです。しかし、先のことを予測すること、ましてや人の心を予測することは簡単ではありません。時間があればいくつかの選択肢を用意することで、心配りの質を上げることができます。

たとえば職場で気を利かせたいなら、あらかじめ、のど飴や個別包装のクッキーなどを用意しておくのも手です。誰かが咳をしていたら「どうぞ!」とのど飴を差し出す、疲れ気味の人がいたら「頑張って!」とクッキーを渡すなんてことができます。優しい言葉をかけることは準備なしでもできますが、段取りをすると、もっと心のこもった気配りができるのです。

仕事以外でも段取りがいいと気の利いたことができます。たとえばデートをする場合です。

恋人とどこかに遊びに行くなら、行き当たりばったりではいけません。あらかじめデートコースを決めておくのが普通でしょう。食事をするならお店を予約して、できれば景色のいい窓際の席を取っておくのも気配りです。雨が降ったらこうしよう考えたり、終電の時間をチェックしておいたり、相手の楽しませるための話のネタを準備することだってそうです。こうしたきめ細かな気配りができれば「なんて気の利いた人だ」と感じてもらえるでしょう。男女問わずモテます。

では、どうすれば上手な気配りの事前準備ができるかというと、大事なのは先読みする想像力です。相手と自分との間で起こるさまざまなシチュエーションを想像し、相手の立場ならどう思うか考えることです。

いろんな場面とそれに対するいろんな手段を準備して、本筋どおりにいかなかった場合もB案、C案がすぐに出せようにしておくことです。こういったことが当たり前のようにできれば、仕事でもプライベートでも尊敬されます。

気配りの事前準備をしておけば、あらゆる場面で気を利かせることができるのです。