気が利く人は誰にでも平等に接する

気が利く人は誰にでも平等に接する

人は多くの人に支えられて生きています。あなたも私も一人ではとても生きていけないでしょう。鉛筆一本買うのもお店をやってる人のおかげだし、インターネットが見られるのもたくさんの人たちの後ろ盾があってこそです。

だからこそ、気が利く人は他人にへの思いやりの心を忘れません。たくさんの人たちと積極的に関係を築き、人生を謳歌します。

気が利く人がコミュニケーションをする上で一番気にかけているのが、誰にでも平等に接することです。私生活、社会生活の中で関わるすべての人と対等に接し、人間関係を豊かにしていきます。

たとえば職場なら部下や後輩など目下の人に対しても、先輩や上司にとる態度と同じように接する。プライベートなら、友達も恋人もコンビニの店員さんも駅員さんも、人によって態度を変えることなく対応する。社会的地位や親密さによって話し方や接し方は変わってくるでしょうが、基本的な物腰は変えません。裏表のない態度で信頼を勝ち得ます。

逆に気が利かない人は、相手によって態度をころころと変えます。自分と相手を比較して、下だと思う者には気を使わず、横柄な態度で接します。そんな人は傍から見ていて信用できません。他人との信頼関係も築きにくいのです。

しかし実際は、人によって態度を変える人が多くいます。もしあなた自身に心当たりがあれば直すべきです。気が利く人になるには、誰にでも平等に接することが必要不可欠です。人によって態度を変えていては、調子のいい奴と思われるだけでしょう。

無理せず平等に接するポイントは相手を肩書きで見ないことです。上司だから、部下だから、男だから、女だから、学生だからという視点では見ず、その人がどんな性格や気持ちの持ち主かで理解して接します。肩書きは変わっていくものですが、相手の内面は簡単に変わるものではないからです。

上司だから付き合う、バイトだから仲良くしないといった基準で人間関係を築くと、その絆はもろいものです。肩書きがなくなると絆も途切れていしまいます。そんな表面上の付き合いは悲しいものです。

人と接するときは誰にでも平等に接してください。みんなに平等に気を利かせることであなたは周りからの信頼を得られます。大事なのは肩書きではなく、人間的に尊敬できるかどうかです。