気が利く人は直接会って相手の気持ちを理解する

気が利く人は直接会って相手の気持ちを理解する

携帯電話を誰しも所有し、インターネットがどこからもつながる時代です。時代とともにコミュニケーションの形も多様化しています。電話、メール、SNSなど顔を直接つき合わさずにコミュニケーションする方法がたくさんあります。いまやなくてはならない手段です。

しかし直接会って話す場合と電話やメールで連絡する場合とでは、大きく違う点があります。それは直接会うことでしか、相手の表情は見えないということです。

気が利く人は対面のコミュニケーションを大切にします。気を利かせるには、相手の気持ちを知ることが第一に必要です。直接会えば、相手の表情を確認でき、電話やメールでは知ることのできない気持ちを理解できます。

利便性を求めたら電話やメールのほうがいい場合も多くあります。しかし直接会わない理由が「面倒くさいな」という気持ちだけなら、頑張って直接会ったほうがわかることも大きいのです。

直接会ってコミュニケーションするときは、相手の目を見て話すといいでしょう。そのほうが、相手の表情をはっきりと確認でき、気持ちも読み取れます。相手に対しても真剣さが伝わります。

目を見て話すのが苦手な人も多いと思いますが、コツがあります。目を直接見ずに、眉間や鼻など目の周りを見ることです。目を見ると「目が合っちゃうんじゃないか」という恐怖感が芽生えますが、目の周囲を意識して見れば、そういった不安はなくなります。また、まばたきを数えることに集中するのも有効な手段です。真剣さは、これでも十分伝わります。

コミュニケーションで大事なのは、相手の気持ちを理解することです。電話やメールでも気持ちは伝わりますが、本音を知るには表情を確認することが一番確実です。相手の気持ちを満たしてあげたいなら、面と向かったコミュニケーションを心がけましょう。

直接会うひと手間を作ること自体が、心遣いでもあります。