感謝の一言「ありがとう」を惜しまない

感謝の一言「ありがとう」を惜しまない

人に何かをしてもらったら感謝の気持ちを伝えるのが人としてのルールです。相手の善意を受けたら「ありがとう」と伝えましょう。それだけで相手の心も満たされます。「ありがとう」は、一瞬で相手を嬉しい気持ちにできる魔法の言葉なのです。

「ありがとう」は言わないで過ごしていると、使い方をどんどん忘れてしまいます。「お礼を言うほどたいした事してもらってないな」「今更言うのは気恥ずかしいな」などと言わない言い訳をしていると、どんどん言いづらくなります。感謝を伝えられない人は、心無い人・常識がない人という悪い印象しか与えません。

気が利く人は「ありがとう」を惜しみません。手伝ってもらったり、お願い事を聞き入れてもらったら、きちんと感謝を示します。感謝の気持ちを言葉で表せば、相手の心を幸せにできると知っているから、チャンスがあればどんどん言います。感謝された相手は「またやってあげよう」という気持ちにもなります。気が利く人の周りには、たくさんの助けてくれる人が集まります。

感謝は口に出さないと意味がありません。心の中で「ありがとう」と思ってるだけでは相手に伝わりません。感謝されてないと解釈するでしょう。相手を傷つけることになります。

普通に生きていれば、感謝することは毎日たくさんあるはずです。家族、友人、恋人、職場の仲間、少しでも関わった人であれば「感謝」を見つけるチャンスです。コンビニの店員さんが笑顔で商品を渡してくれたら、それだけで「ありがとう」が言えます。「ありがとう」が習慣になれば、周りのあなたへの評価も変わってきます。気遣いのできる人だと思われるでしょう。

感謝できることを探す癖を付けてください。感謝できることを探しながら、日々を生活するのです。そうすれば、あなたの毎日はたくさんの人に支えられて成り立っていることに気づくはずです。そうすれば「ありがとう」が言いたくなるし、心遣いができる魅力的な人間に近づけます。