人は死ぬとき必ず人生を後悔するもの

人は死ぬとき必ず人生を後悔するもの

人の人生において後悔は切っても切れないものです。どんな順風満帆な人だって今までの人生を振り返ると悔やまれることが1つや2つある場合がほとんどです。その大きさだって人よりさまざまでしょう。すぐに取り返しがつくようなものから、今更どうあがいても解決できないものまで多種多様です。

人は失敗を経験し後悔や反省をすることで大きく成長できます。幸せを掴むためには後悔も必要でしょう。しかし、もし死ぬ間際、体も不自由になり満足に歩けない状態で、人生を振り返ったとき、たくさんの後悔に襲われるなら、それはとても不幸なことです。体力も低下し、もうどうすることもできない状況で悔やんでも悔やみきれません。

できるだけ後悔が残さずに人生を全うしたという思いは、すべての人が持っています。ところが死に際になると、多くの人が自分の今まで生き様に対して悔しい思いをするのです。

死に際の後悔をなるべく少なくするには、その日その日を最大限に生きることです。一日一日に最善を尽くして、もしかしたら明日死ぬかもしれないと思って生きている人は、急に死に直面しても後悔は比較的少なくなります。逆に、年の若さに関係なくなんとなく生きていたら後悔は多めです。

では、何をどう頑張れば後悔を減らして人生を終えられるのでしょうか。具体的に何を心がけて生きればいいかは人それぞれですが、死に際の後悔については、いくつかの種類に分類できることが分かっています。

次のページから具体的な後悔の例を紹介します。自分が後悔するであろう事例もきっと見つかるでしょう。一生を終えるときに後悔を少なくするために、自分の生き方に何が足りないか見つけてみてください。