健康管理のやり方を間違えると死に際に絶対後悔する

健康管理のやり方を間違えると死に際に絶対後悔する

何をするにしても健康が大事です。スポーツをするのも映画を見るのも食事をするのも健康だからこそ心から楽しめます。健康に気を使っている人は多いと思います。健康オタクといえるほど体調を気にしてる人も珍しくないでしょう。

それでも人は病気になります。そして、多くの人は、老衰ではなく、病気で亡くなります。死因が病気の場合、もしかしたら、健康に気を使うことで死を防げたかもしれません。あなたはきちんと健康に気を使っているでしょうか。それは死ぬときに後悔することのない、正しい健康への気の使い方だと胸を張っていえますか。

健康に気を使っている人に具体的な内容を尋ねると、サプリメントを飲んでる、食事を気にしている、運動をしているといった回答が多くされます。しかし、例えば日本人の死因第一位であるガンは、運動やサプリでは防げません。ガンで命を落とさないためには、早期発見が大事です。人間ドックを定期的に受けて、早めに見つけることが大事なのです。早期発見のガンは多くの場合、根治できます。

会社の健康診断を受けてる、という人も多いでしょうが、血液検査や胸部のX線検査では、早期のガンはほぼわかりません。もしこれらの検査でガンが発見された場合、すでに大分進行したガンであることが多いのです。

死ぬ間際に「こなはずじゃあなかった」と後悔しないためには、40代を超えたら、自身で人間ドックを受けることをオススメします。専門の検査なので料金は安くありません。PETと呼ばれる専門のがん検診であれば、最低でも10万ほどかかります。しかし人間ドックを受けなかったために早期発見できずに、病気が進行してから見つかった場合でも、治療費は莫大にかかります。

人間ドックで病気を早期発見して根治させるか、何の検査も受けずに、結果として根治できない進行した病気が見つかり、数年生きながらえるためだけにたくさんのお金を費やすか、どちらがいいでしょう。健康を維持するため、病気で死なないために、ぜひ、年に一回の人間ドックを。