喫煙者の多くは死ぬ間際「吸わなきゃよかった」と後悔している

喫煙者の多くは死ぬ間際「吸わなきゃよかった」と後悔している

当たり前のことですが、タバコは体によくありません。ガンの原因になるだけでなく、心血管系の病気や肺疾患の原因にもなる毒性の強い嗜好品です。”嗜好品”ですから、人はタバコがなくても生きていけます。吸う人と吸わない人がいるわけです。近くに吸う人がいると、その煙はタバコを吸わない人にまで悪影響を及ぼします。喫煙者が肩身の狭い思いをするのは仕方がないと言えるでしょう。

人の死因には、がんや呼吸器疾患(肺気腫とか)など、「タバコが原因かも」と疑うような病気も多くあります。長年喫煙をしてこのような病気にかかった人たちの多くは、病院の先生に尋ねるそうです。「私の病気ってタバコが原因なんですか?」「タバコを吸ってなかったらこんな苦しい思いしなかったんでしょうか?」と。

ガンや肺気腫になる可能性は、喫煙量に比例して上昇しますが、個人差もあり、タバコを吸わなければ病気にならなかったのかを検証することはできません。しかし元々病気になりやすい人は、タバコを吸うことで体に負担がかかり発病しやすくなります。若いときは病気にならないからと舐めてかかり、いつの間にか依存し吸い続けて、年を取ったときに痛い目を見る。吸ってすぐに病気になるわけでなく、小さな積み重ねで、気が付いたら遅かったというのが、喫煙を後悔する人の典型的パターンです。

喫煙をすると、ならなくて済んだかもしれないガンや肺疾患になります。そして、時には死んでしまいます。健康なうちは多くの喫煙者が「タバコを吸って病気になっても、自分で決めたことだから大丈夫」と高をくくっています。ただ実際に病気になってつらい生活を強いられると、ほとんどの人が多かれ少なかれ「タバコなんてやめておけばよかった」を悔いるのです。

タバコは人が生きていくのに必須のものではありません。タバコが手放せない人も、知らないうちに中毒になって「無いと生きていけない」と思い込んでいるだけです。喫煙は自らの寿命を縮めます。なんて馬鹿な話でしょう。理屈では分かっていてもなかなか止められないのが現実ですが・・・。