自分の気持ちに正直に生きなければ、死ぬときに必ず後悔する

自分の気持ちに正直に生きなければ、死ぬときに必ず後悔する

「人生はあっという間だ」とよく言われます。多くの人がなぜか年を重ねるごとに時間の加速を感じるように、モタモタしているとやりたいことが何もできないままに一生を終えます。やりたいことができなければ、その分だけ後悔する羽目になるわけです。

人生の何に喜びを見出すかは人それぞれですが、何であれ、自分の気持ちを押し殺して、他人優先の人生を送るというは大方不幸せのように思います。日本は他国に比べると、うつによる自殺者が多いですが、これは日本人特有の真面目さ、我慢を重ねる性格が原因といわれています。我慢のし過ぎは心を破壊してしまうのです。

仕事でもプライベートでも人付き合いは必要で、いい人ほどストレスを抱えます。うまく手の抜き方を知っている人、言い方は悪いですが、小ズルく生きている人ほどストレスは溜まりません。ストレスが溜まらない方が、人生は楽しいでしょうし、長生きだってできます。我慢なんて体にも心にもいいことなんて一つもないのです。

自分の心に嘘をつき続けて生きてきた人は、死に際に必ず後悔します。好きな人がいるなら告白すべきだし、今とは違った仕事がしたいならすべきなのです。これは自分勝手に振舞えという意味ではありません。人の道に反しない範囲で、本当にやりたい新しい人生を歩みべきだということです。

新しいことをしようとすると逆風はつき物で、それなりにつらい経験をするでしょう。しかしもし失敗しても、やらなかったときの後悔に比べれば何のことはないはずです。我慢を重ねた人生は、人から尊敬されるかもしれませんが、羨ましいとは思われません。羨ましがられるのは、自由に生きてきた人生です。

誰もが自由に生きたいと願ってますが、何かに恐れて踏み出せず、最後の最後に悔しい思いをしています。病院のベッドで「先生、辛抱ばかりの私の人生、何だったんでしょうか?」と言ってる自分を想像すると悲しくなるでしょう。そうならないために、普段からやりたいことはささっとやるべきなのです。