お金持ちに二つ折りより長財布派が多いのは、お金の気持ちを考えた結果

お金持ちに二つ折りより長財布派が多いのは、お金の気持ちを考えた結果

お金持ちの財布を見ると、二つ折り財布派より、長財布派が多いことの気づきます。あなたの周りにデータが取れるだけのお金持ちがいたら、観察してみてください。きっと納得してもらえるでしょう。

お金持ちにはお金にこだわりっている人がたくさんいます。そしてその中には財布にこだわっている人も多くいます。そんなお金持ちの人たちに、長財布を使う理由を尋ねると大体同じ答えが返ってきます。

「二つ折りの財布で折り曲げたら、お金がかわいそうじゃないか」

スピリチュアルな回答で、ピンこないも人といると思いますが、お金持ちにはこういう意識を持った人がたくさんいます。長財布は二つ折り財布に比べて、お札にとって居心地がいい場所なのです。

長財布であれば二つ折り財布と比較して、ズボンのお尻ポケットに入れられる可能性も低くなります。お金の気持ちになると、お尻に敷かれることなど、居心地のいい行為ではないはずです。お金をいじめずに済みます。

私たちがホテルに泊まるとき、薄汚れた窮屈なホテルと、手入れやサービスの行き届いた豪華のホテルどちらがいいでしょうか。当然豪華なホテルで手厚いおもてなしを受けたいと思うはずです。お金だって同じ気持ちです。たまたま立ち寄ったホテル(財布)であっても丁寧に扱って欲しいと思うでしょう。長財布という、お金にとって居心地のいい空間を提供できれば、お金だって「また戻ってきたい」と思うのではないでしょうか。

お金の気持ちを読み取ろうとするのは、馬鹿げている行為に感じるかもしれません。しかし、お金を丁寧に扱うことにつながります。お金を丁寧に扱う意識が身に付けば、今よりもっと有効にお金を使えるようになるでしょう。