お金持ちになりたければ、財布の中身をスリムに保つ努力をする

お金持ちになりたければ、財布の中身をスリムに保つ努力をする

財布は中身のメンテナンスを怠れば、すぐに太ってしまいます。買い物をすればほとんどの場合、お釣りと一緒にレシートを受け取ります。他にもポイントカードや応募券など、受け取る予定のないものが、どんどん財布の中に溜まっていきます。

お金が潤ってない人の財布には共通の特徴があります。それは財布の中がお金以外のものでパンパンに膨らんでいることです。逆にお金持ちの財布を見ると、スリムに整理されている傾向にあります。

お金持ちになりたければ、お金持ちのまねをして財布の中身をスリムに保つ努力をするといいでしょう。定期的に財布の中身を整理整頓する習慣をつけるのです。いらないレシートは捨て、必要なレシートは別にしてとっておく。期限の切れた割引券や使う予定のなさそうなポイントカードは捨てます。ついでに500円玉があれば500円玉貯金をして、お札の向きを揃えて、サイフがスリムになったら終了です。

財布がスリムになれば気持ちのいいものです。すっきりとしたサイフは、気持ちもスッキリとさせてくれます。お金を大事に扱おうという想いも出てくるものです。

仕事柄、経営者と会うことの多い高級クラブのママは、相手のサイフをなにげなく観察するそうです。すると、仕事が順調にいっているお金持ちの経営者ほど、サイフのメンテナンスがしっかりできており、スリムできれいにしているというのです。「サイフから名刺を出す」お客は、総じて経営がうまくいっていないとも言います。

考えてれば、お金と一緒に挟んである、汚れているかもしれない名刺を相手に渡す行為が、思いやりのあることとは思えません。このような人がビジネスで良好な関係を築けるか疑問も感じます。財布の使い方は、持ち主の稼ぐ能力がそのまま投影されているともいえるでしょう。

自分の外見に気にするのであれば、いま自分の使っている財布の状態が他人の目にどのように映るのか意識してみてください。スリムなサイフのほうがかっこよく見えるはずです。