いつも新札で渡す人、「古いお札ですいません」と言える人はお金持ち

新札で渡す人、「古いお札ですいません」と言える人はお金持ち

お金持ちほどお金にこだわります。こだわり方は人それぞれですが、使い古した紙幣ではなく、銀行で下ろしたばかりの新札にこだわる人は、ほぼ間違いなくお金持ちと思っていいでしょう。

ひどく使い古されていても、新札であっても1万円札は1万円札で価値は同じです。しかし、もしあなたがお札を受け取るなら、ボロボロのお札よりもきれいな状態のほうが嬉しく感じるでしょう。だから新札にこだわりがあって、人への気遣いができるお金持ちは、お金を渡すとき、新札を使います。そして、あいにく手持ちがないときは「古いお札ですいません」と告げて、申し訳なさそうに支払います。

そもそも、新札を確実に入手する方法は限られます。銀行や郵便局の窓口にて、新札の希望を告げて受け取ります。最近はコンビニやスーパーにもATMがあり、簡単にお金が引き出せますが、引き出したお金が新札である保証などありません。運任せです。

新札にこだわっている人は、金融機関の窓口を利用して新札を手に入れます。ATMでは引き出せる金額の上限も決まっているので、小額の利用なら手軽ですが、大金を扱う場合はそうもいきません。お金持ちゆえ、窓口を利用する機会も多く、新札を身近に感じているともいえます。新札はお金持ちのところに集まるのです。

「新札で渡す」という相手を気遣う行為が当たり前の習慣としてある人、そういう立派な人にはやはりお金も集まってくるのでしょう。もし、お金持ちを目指すのなら、そんなお金持ちを見習って財布の中を、新札で揃えるのもひとつの方法かもしれません。普段ATMの利用ばかりで窓口など利用しないという人も、一度利用してみてください。人を介してお金を受け取ることで、お金の重みも少し違って感じられるはずです。