お金持ちがよくする、お金が貯まる財布の願掛け・縁起担ぎ

お金持ちがよくする、お金が貯まる財布の願掛け・縁起担ぎ

お金持ちがお金持ちたる理由は、お金に対する意識が人より優れているからです。人よりたくさんお金を気にして、支出を上手にコントロールします。そのため、財布やお金に対するこだわりも多く、そしてそれは本当に些細なところまで行き届いています。

お金持ちにいろいろインタビューすると、神頼み的な願掛けや縁起担ぎをする人が多く驚きます。しかし、それはすべてお金を大事にする姿勢からきているものです。多く行われているお金持ちになるための願掛け・縁起担ぎを紹介します。
 
 
1.新しい財布を買ったら100万円の札束を入れる
 
おろしたての靴だと靴擦れを起こすように、新品の財布はお札にとって居心地が悪いもの。だから3日ほど、100万円を入れておきお札がなじむ財布にする。するとお金が入ってきやすくなる。100万円が無理なら、10万でも20万でも、自分にとっての大金であればいい。
 
 
2.お札は上下の向きを揃えて入れる
 
お金はきれい好きな性格なので、きれいなところ、整理されてところに集まってきやすく、長くとどまってくれるという縁起担ぎ。お札の頭を下にして入れれば、「入りやすく出にくい」。逆に上向きに入れると出やすくなるが「気持ちよく送り出すのが大事」という考えもある。
 
 
3.お札と硬貨を別にする
 
お札を丁寧に扱うために、お札は専用の財布でゆったりとくつろいでもらう。すると「また戻ってきたい」と思ってもらえる。
 
 
4.お金に対して心の中で「いってらっしゃい」「おかえりなさい」と言う
 
お金を人のように丁寧に扱うという意味。お金を払う前に、心の中で気持ちよく「いってらっしゃい」が言えるか考えてみる。無駄遣いなら言えないはず。散財防止にもなる。
 
 
お金にとって居心地のいい場所(財布)を提供することで、お金は自然と寄ってくるでしょう。大事な人を扱うようにお金と接すれば、お金は上手にコントロールできます。