お金に困りたくないなら収入より、支出に気を配る

お金に困りたくないなら収入より、支出に気を配る

「そんなに使った覚えはないのに、気付いたらもらった給料を使い果たしてしまった」と、毎月のように嘆いている人も少なくないと思います。この状況を打開する方法を考えると、まっさきに思い浮かぶのは「収入増への期待」ではないでしょうか。

「もっと給料が増えたら・・・」
「今度のボーナスが出たら・・・」
「宝くじが当たったら・・・」

収入が増えればこれまで通りに使っても、余裕が出てきて楽になると普通は考えるでしょう。しかし現実問題、希望通りの収入増を狙うのは、困難です。

自らの努力で給料やボーナスを増やすことは、長期的には可能かもしれませんが、1ヶ月先や6ヶ月先など、短期的には難しいといわざるを得ません。また、5年先、10年先と長期的な予測を立てても、そのときの世間の景気しだいでは逆に収入が減ることだって考えられます。未来においても確実に収入が増えるという保証はどこにもないのです。

では支出はどうでしょう。支出は基本的に自分自身でコントロールできるものです。

家賃や保険料など毎月の決まった出費はなかなか減らすことができませんが、そのほかの支出は努力次第で抑えることが可能です。日用品をできるだけ安く買う。光熱費・通信費を減らす努力をする。食費を抑える献立を考えるなど、多くの人が取り組んでいることでしょう。

「数年前に比べて給料は上がっているのに、生活が全然楽にならない」と感じている人が多いようです。もしあなたも同じように感じているなら、支出への気の配り方が足りていないのかもしれません。