「貯金の理由」お金があれば、人生の選択肢が増える

「貯金の理由」お金があれば、人生の選択肢が増える

「どうして貯金をするのですか?」

この問いにあなたはすぐに回答することができるでしょうか?

ときどき、お金を貯めることそのものが目的になっている人がいます。

「5年後に500万円貯める」
「定年までに2000万円貯める」

こんな目標を立ててひたすら節約生活を送っています。終わらない不景気で、将来に不安を覚えるのはわかります。たしかに、お金を貯めることで安心感は得られるでしょう。しかし、お金を貯めること自体が目標の貯金は、モチベーションを保つのも大変です。なにかやりたいことを掲げたほうが、もっと楽しく貯金できるのではないでしょうか。

そもそもお金とは、人生において、何かを実現するための道具です。夢や目標をかなえるための道具であり、自分や周りの人たちを幸せにするための道具です。道具を集めること自体が目的になってる状態は、なにか釈然としません。

お金に好かれる人は、お金というのは、持っているだけでは意味のないことを知っています。使って、喜びに変えてこそ価値のあるものであることを知っている人たちです。

お金を貯める目的は何でもいいと思います。あなたがしたいことを想像し、それを実現するためにお金を貯めばいいのです。世の中、お金がないと実現できないことがほとんどです。逆にお金があれば、多くのことが実現できるようになります。お金があることで、どんな場面においても選択肢は増えます。その分、人生は楽しくなるでしょう。

たとえば空腹を満たすときも、手元に300円しかなければ限られたものしか食べることができません。しかし1万円あれば、メニューの選択肢は大きく広がります。休日の過ごし方でも、お金があれば街に繰り出して、映画を見ることだってマッサージに行くことだってできます。もちろん、公園を散歩するだけの過ごし方だっていいでしょう。お金があれば、すべての選択肢から自由に選ぶことができるのです。

お金がないから、そうせざるを得ないからそうする場合と、数ある選択肢の中から好んでそうする場合とでは、気持ちの感じ方がまったく違ってきます。どちらが楽しく充実した人生かは明快です。

人生の選択肢はお金があればあるほど増えます。そう遠くない将来にできるだけ自由な生き方をしたのなら、お金の使い道を考えながら貯金すると、モチベーションを保ちながら続けられると思います。