女が、夜の仕事や水商売をすることで得るもの、失うもの

水商売、夜の仕事をすることで得るもの、失うもの

水商売など、夜の仕事は一般的に高給です。女であることを武器にした仕事は、とくに売り手市場のときにどんどん値が上がっていきます。逆にいえば、暴落する危険性も高く、長く稼げる保証も安定も無いのです。

風俗やモデル、コンパニオンなどもそうです。女を武器にする商売はある程度の容姿が備わっていてコツさえ掴めば、たくさんの給料を頂くことができます。しかしどんなにテクニックが磨いて稼ぐことができても短命です。若さを失えば、ワザを駆使しても稼げなくなってしまいます。輝ける期間が短いから、値打ちが上がります。

女性の水商売は、男性がお客になります。大抵の男性は多かれ少なかれ下心があり近づいてきますので、女性は値踏みされる立場です。「この娘と仲良くなりたい」という気持ちのある男性はあらゆる手段で誘いをかけます。頻繁に顔を出し、たくさんお酒を注文したり、プレゼントしたり、ストレートにデートやホテルに誘ってきたり。

仕事中、または仕事の延長の場で誘いを受ける女性は、場慣れと共に、うまくあしらうテクニックを自然とつけていきます。男性の下心を刺激しつつ、でも深い関係をもとめる誘いをはぐらかし、相手を怒らせず、自分も傷つかず、そんなやり方です。そしてテクニックを身に付け始めた頃に彼女たちは確信します。「女は金になる」と。

普通、昼に会社で働いているOLたちは「女は金になる」など意識しないものです。水商売をすることで、それを初めて知ります。「自分自身が商品である」と知ってしまった女性は、おおよそ普通の恋愛などできません。

水商売をつづけると普通の恋愛も普通の結婚もどんどんできなくなるに続く